【TEL】050-3746-3537 お気軽にご相談ください

執筆コラム掲載『日本FP協会【人生100年時代を豊かに生きる「有形資産」「無形資産」の作り方】』

水野崇(CFP/1級FP技能士)

日本FP協会の公式ホームページにて、寄稿記事が掲載されました。
[2022年3月号(2)「資産運用」]号に掲載されています。

今回執筆した記事のテーマは
人生100年時代を豊かに生きる「有形資産」「無形資産」の作り方

記事はこちらのリンクよりご覧いただけます。
↓ ↓ ↓
https://www.jafp.or.jp/know/info/column/20220325.shtml

我が国の平均寿命は、男性81.64歳、女性87.74歳と9年連続で過去最高を更新しています。このような統計データを見る限り、近年よく見かける「人生100年時代」は少々大袈裟ではないのか?と感じられる方も少なくないでしょう。
 すでに現在は、男性の4人に1人、女性の2人に1人は90歳まで長生きする時代になっています。これからも平均寿命は伸び続け、2040年には男性の約4割が90歳まで、女性の約2割が100歳まで長生きすると想定されています。
 そこで今回は、人生100年時代を豊かに生きる「有形資産」「無形資産」の作り方について考えてみたいと思います。続きを読む…

ABOUT US
水野崇(CFP/1級ファイナンシャルプランニング技能士)
水野 崇水野総合FP事務所 代表
CFP®︎/1級FP技能士/宅地建物取引士。2003年、30歳で子どもの誕生を機に早期退職し株式専業トレーダーとして独立。年間最高売買代金350億円超、月間最高利益2414万円を達成。独立系ファイナンシャルプランナーとしてライフプランや投資・資産運用、不動産・住宅ローン相談を中心に、年間100名以上の個別相談に従事。学校法人や事業法人では講師を務め、年間80回以上登壇。マネー教室を運営し中学生から社会人までを指導。日本FP協会「2021年FP広報センター」スタッフ。中小企業庁「中小企業119」専門家。楽しい暮らしを叶える不動産エージェント。学校法人専門学校非常勤講師。【メディア掲載・取材協力】毎日新聞、朝日新聞、朝日中高生新聞、物流産業新聞社、女性自身、金融庁、日本FP協会 他多数