【TEL】050-3746-3537 お気軽にご相談ください

取材協力記事掲載◆「毎日新聞」に代表・水野崇のコメント掲載

水野崇(CFP/1級FP技能士)

毎日新聞に取材協力し、4月14日付の朝刊記事にコメントが掲載されました。

4月から年金制度が変わり、受給開始年齢の選択幅が60〜75歳に広がっています。
・60〜64歳の方が厚生年金を受け取りながら働く場合の「在職老齢年金」の見直し
・65〜69歳の方が厚生年金を受け取りながら働く場合の「在職定時改定」の導入
以上により、年金受給額が増えるケースなどが記事にて解説されています。

また、雇用主側が70歳まで働く機会の確保を努力義務とする、2021年4月施行「改正高年齢者雇用安定法」についても、このたびの新制度との関連性を取材時にお伝えし、記事内で取り上げていただきました。

<掲載媒体> 毎日新聞/朝刊/くらしナビ/15面
<掲載日> 2022年4月14日
<コメント者> ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)水野崇
<タイトル> くらしナビ・社会保障『在職老齢年金支給の減額緩やかに|就労促す新制度スタート』

毎日新聞ニュースサイトからもご覧いただけます。
↓ ↓ ↓
https://mainichi.jp/articles/20220414/k00/00m/100/025000c

ABOUT US
水野崇(CFP/1級ファイナンシャルプランニング技能士)
水野 崇水野総合FP事務所 代表
CFP®︎/1級FP技能士/宅地建物取引士。2003年、30歳で子どもの誕生を機に早期退職し株式専業トレーダーとして独立。年間最高売買代金350億円超、月間最高利益2414万円を達成。独立系ファイナンシャルプランナーとしてライフプランや投資・資産運用、不動産・住宅ローン相談を中心に、年間100名以上の個別相談に従事。学校法人や事業法人では講師を務め、年間80回以上登壇。マネー教室を運営し中学生から社会人までを指導。日本FP協会「2021年FP広報センター」スタッフ。中小企業庁「中小企業119」専門家。楽しい暮らしを叶える不動産エージェント。学校法人専門学校非常勤講師。【メディア掲載・取材協力】毎日新聞、朝日新聞、朝日中高生新聞、物流産業新聞社、女性自身、金融庁、日本FP協会 他多数